大手キャリアから格安スマホへ 乗り換え体験談!
+o。o。o+゚☆゚目次☆゚+o。o。o+゚

ソフトバンクを解約する問題点
SIMフリー端末へのこだわりスペック&カメラ機能
楽天モバイル 申し込み手続き
端末&SIM到着!
開通までの流れ
LINEの引き継ぎ・電話帳の移動・楽天メールの設定


格安スマホへ変えようと思った理由


現在、ソフトバンクのiPhone5Sを使っています。2016年5月が2年に1度の更新月。


現在、携帯料金の請求額が毎月20000円超え。
昨年11月に長女のスマホを購入したこともありこの金額に・・・



これに、キャリアの違う旦那のスマホ料金が加算されると、家計の中で通信費が占める割合がかなり大きくなってしまってます・・


長女のスマホはまだ契約したばかりなので、180日経過したのでSIMロック解除の対象にはなりますが、端末代金も相当な額が残っているので、まだ乗り換えするタイミングではありません。
旦那は、昔からdocomoで、よく分からないこだわりを持っているので、買えるつもりはなさそう・・・


ちょうど更新月を控えていたワタシだけ格安スマホへと買えることにしました。


ソフトバンクを解約する問題点


ワタシが格安スマホにして、ソフトバンクを解約するので困ることが1つ。
次女のみまもりケータイのオーナーをどうしようか・・・ということです。


現在使っている機種は、初代なのでオーナーであるワタシにしかかけられないタイプです。
登録してある番号の20件までは着信することは可能です。


3つの解決策を考えました。
・次女も格安スマホを持たせる
・メールも出来るようにガラケーに機種変。
・みまもりケータイの機種変。


次女もスマホに買えるというのは、長女の反対があり却下。


現在小4の次女。
長女は自分が6年生からSIMなしiPhoneでスマホを買ったのが中3だったので、早すぎると猛反対(笑)


ガラケーにするという考えもあったんですが、ワタシのお古のAndroidをSIM無し状態で持たせているのでLINEは可能。
なので、外出時に通話ができれば十分。ということで、みまもりケータイの機種変という結果になりました。


乗り換え前に問題解決するためにソフトバンクショップへ。
みまもりケータイの最新?へ変更しようと思ったら、まさかの品切れ・・・入荷時期も未定とのこと(・・;)


とりあえず、オーナーをソフトバンクに残る長女の番号へ変更し、ワタシの番号を着信許可リストへ追加の手続きをしてもらいました。


これでワタシからは、かけることができるし、家にいる時は自宅から電話したりLINEで連絡がとれるので、ひとまずOK!
ワタシへかけれないことに不便を感じたら、機種変することにしました。


乗り換え先の条件


そしてワタシの新たな乗り換え先ですが・・・
各社、基本的に今夜は確実に安くなるんですが、現在のiPhone5sはsimロック対象外だしソフトバンク系列のMVNOも無い為、このまま使用することができません。


なので、SIMフリースマホを購入しないといけません。
選んだ端末によってはSIMとの相性がよくなくて通信できないこともあるようなので、確実につなげるためにも、今回はSIMと端末がセットになっているものを選択します。


最初は、イオンモバイルと楽天モバイルのどちらにしようか悩みました。
イオンモバイルの最大の強みは、契約期間がまったくないことと、プランが20パターンくらいあって、選択肢が多いこと、
そして、アフターケアが万全!これに惹かれてイオンモバイルの取り扱っている機種から探そうとおもいました。


もう1つ気になるMVNOが楽天モバイル。
毎月の使用料で楽天スーパーポイントがつくこと☆
普段から楽天でよくネットショッピングするので、この特典は大きいです!


SIMフリー端末へのこだわりスペック&カメラ機能


SIMフリースマホを選ぶ上で、こだわりたいのがスペック(CPUとRAM)です。
スマホがサクサク動くためには必要不可欠なポイントです。動きが鈍いとイライラしちゃうので、ここはワタシ的には外せません。


次にチェックしたいのが、カメラの画素数。
頻繁に何でも写真を撮るし、元カメラマンとしてはスマホといえど綺麗さにこだわます。


格安スマホにするメリットを活かす為に、端末本体の予算は3万円程度。


ワタシ的こだわりをクリアして候補に上がったのが、
【FUJITSU arrowsM02】【ASUS Zenfone2 Laser】です。

どちらもOSはAndroid5.0以上搭載・クアッドコア(4コア)・動作周波数1.2GHz・CPUはQualcomm製。
RAMも2GB。
スペックに関してはどちらもほぼ同じ。


【FUJITSU arrowsM02】・【ASUS Zenfone2 Laser】ともに、ディスプレイの解像度も1280×720(HD)


カメラの画素数は、【FUJITSU arrowsM02】アウトカメラ 約810万画素・インカメラ 約240画素。
【ASUS Zenfone2 Laser】アウトカメラ1300万画素・インカメラ 500万画素。レーザーフォーカス・デュアルカラーLEDフラッシュ搭載。


【FUJITSU arrowsM02】の取扱いMVNOは、楽天モバイル・イオンモバイル・IIJmio・BIGLOBE・U‐mobile・mineo・UQmobile。


【ASUS Zenfone2 Laser】の取扱いMVNOは、楽天モバイル・IIJmio・BIGLOBE・U‐mobile・OCNモバイルONE・DMMmobile。

毎月の料金、使いやすさ、端末のスペックなどなど考えた結果、最終的には端末重視で楽天モバイルに決めました(笑)



端末は【ASUS Zenfone2 Laser】に決定!
最後の決め手は、カメラの機能でしたね!


MNP予約番号の発行

まずは、ソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらいます。


08002228765へかけてガイタンスに従い進めていきます。
最後にオペレーターさんに繋がり、本人確認と携帯番号に間違いがないかのの最終確認をされます。


数分後に、SMSメールで予約番号が届きました。



早速、楽天モバイルへ申し込み!


楽天モバイル 申し込み手続き


楽天モバイルのサイトを開き、【楽天モバイルの申し込みはこちら】をクリック!


必要なものが本人名義のクレジットカード・本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)・MNP乗り換えの場合はMNP予約番号です。


まず、申し込みタイプの選択をします。
端末と同時購入(購入したい機種を選択) or SIMのみ購入かを選択します。
【ASUS Zenfone2 Laser】 16GBを、SIMは通話SIMを選択。
(*8GBでもいいかな?と思って選択してみましたが、全カラー品切れだったので16GBを選択。)



月額料金プランを選択。
ベーシックプラン 1250円・3.1GBプラン 1600円・5GBプラン 2150円・10GBプラン 2960円の中から3.1GBプランを選択☆
現在の通信量を見ていると3GB程度なので、まぁこれで足りるだろうということで、3.1GBプランを選びました。



商品・SIMタイプを選択したら、確認画面で端末価格が表示されます。
SIMサイズを確認して、端末のカラーを選択。(初めて見た時からレッドに決めてました(*´∀`*))



オプションを選択。
端末補償は購入時にしかつけられませんが、今までの経験上2年以内に壊れたことがないし、水没や落としても本体は無事だったので、今回は無しに。


オプションは「楽天メール」(@rakuten.jp)月額0円のみを選択しました。



次に、自分の情報を入力していきます。
楽天会員はログインするだけで、楽天会員情報から自動入力されるので楽チンです♪♪



楽天モバイルへのアクセス許可に同意すると、MNPの入力画面へと進みます。



「今お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)」を選択して、電話番号とMNP予約番号、MNP予約番号の有効期限を入力します。



電話やネットが不通にしないで、使うには「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」にチェックを入れます。
チェックを入れないと、2・3日電話が不通になってしまうので注意しましょう。




次に、楽天でんわの申し込み。
月額基本料0円の楽天でんわと、5分かけ放題オプション(月額850円)を選択。
インターネットでの明細確認方法の同意にチェック。



自分の名前や住所を確認し、年齢確認にチェックを入れます。
(楽天会員でログインしたので確認のみ。通常はここで入力になると思います。)



パスワードを設定します。
英・数・記号を組み合わせた6桁から8桁のパスワードを設定。



続いて、端末とSIMカードの配送日時の指定。
ワタシは早く欲しかったので、2日後の月曜日 午前中を指定しました。



最後に、支払い方法。
ワタシは楽天会員情報に登録済の楽天カードでの支払いをします。


カード情報を確認し、セキュリティコードを入力します。支払い方法を選択(一括払い・分割払い)します。
楽天スーパーポイントにの使用の有無を入力し、確認画面へ。



MNPの利用、契約者情報・パスワード・支払い方法を確認したら、利用規約を読んで規約に同意できたら、「全ての規約に同意しました」にチェックを入れて申し込み確定です。



申し込み確定後すぐに登録したメールアドレス宛てに、「楽天モバイル お申込完了のお知らせ」メールが届きます。申し込み内容を確認します。




申し込み完了後


その数分後に、「本人確認書類ご提出のお願い」が届くので、本人確認書類をアップロードします。
免許証の表面と裏面をスマホで撮影して、画面の指示通りにアップロードしていきます。



アップロード後、すぐに「本人確認書類画像データ受領のご連絡」メールがきます。



24時間以内に、「本人確認書類お手続き完了のご連絡」がメールで届くそうですが、ワタシの場合、2時間かからずに届きました。
土曜日に申し込みをしたにも関わらず、素早い対応です☆




端末&SIM到着!


指定したとおり、月曜の午前中に端末&SIMが到着!
ヤマト便で届きました。



早速開封!!



SIMカードは冊子に挟まれて透明の袋に入ってました。初期設定の説明が書いてあって右端にSMIカード。
SIMカードにシールで契約内容と電話番号、SIMカード本体にSIM番号が記載してあります。



【Zenfone 2 Laser】を開封!


iPhone5sと比べると、だいぶ大きめですが軽い。iPhone5sより軽いかも♪♪
見た目もカッコいい!カラーもレッドにして正解◎



箱の中には、本体以外にユーザーズマニュアル・製品保証書・シリアルNo.シールの予備、アップデートとコールセンターの案内、イヤホン、USBケーブル、電源タップが入ってました。



まずは、SIMカードのセット。



裏蓋を開けて・・・開かない(・・;)


ユーザマニュアルによると、右下にある溝に爪を入れて横にスライドさせると開くらしいのですが、固くてあかない!!
ジェルネイルしてるから、爪が分厚くて入らないのかも・・・と思い、長女に開けてもらうと、
やっぱり開かない!!



ここが開けれないと先に進めない・・・


どこか開けれそうなところがないか、全体をみてみると、充電の差し込み口のところが開けやすそう。
カバーのところだけに爪を引っ掛けて、充電の所は触らないように慎重に・・・


開いた!!!



電池を外してSIM1のスロットへSIMカードを挿入。



電池と裏蓋をはめて電源ON!



初期設定


早速、初期設定をしていきます。
画面の指示に従って端末の初期設定をします。(Wi-Fiの設定など)


次に、同封されていた説明書に沿ってANPの設定をします。



設定


もっと見る→モバイルネットワーク


アクセスポイント名


楽天モバイルB(LTE/3G) rmobile.jpをタップして選択


アクセスポイントの編集→ANPをタップして rmobile.jpを rmobile.coへ変更


右上の:マークをタップして保存して再起動。


これで、モバイルネットワークが繋がる♪♪(*´∀`*)


繋がっているか確認する為にWi-FiをOFFにしてみて、ネットを開くと・・・繋がらない(*_*)


やり方間違ってるのかな?と思い、再設定。
でも、繋がらない・・・


楽天モバイル公式サイトの「ご利用の流れ」を読んでいくと、4 受け取り・利用開始のところにしっかり書いてありました!



まずは、楽天モバイル開通受付センター(0800ー805ー1111)へ電話をして、MNPが完了してからANPの設定という順序でした。繋がるワケないです(笑)

開通までの流れ

寝るまで悪戦苦闘して、諦めて寝て朝起きてからその事実に気づいたので、火曜日の6:25分ころに楽天モバイル開通受付センターへ連絡。 「この電話番号のMNPでいいですか?」などの問いにキーパッドで答え、1分弱で受付完了。


AM8:59までに開通受付が完了すると、当日の9:00から21:00に切替。
AM9:00以降に開通受付が完了した場合は、翌日の9:00から21:00に切替されます。
*MNPの有効期限終了2日前から自動的にMNPを行います。


と、あったので、9:00から21:00の間に切り替わるらしい・・・


11:00頃、ふっとiPhoneをみると圏外!
あれ?知らないウチに切り替わってる(笑)


Zenfoneをみてみると、こちらも圏外。
とりあえず再起動。


電波キタ━━━ヽ(*´□`)ノ゙━━━ァ!!



モバイルネットワークをオンにしたら、4Gもキタ━━━ヽ(*´□`)ノ゙━━━ァ!!
前もってANP設定していたのも有効だったようです。ネットもちゃんと開ける!



まだ、LINEなどのアプリを引き継いでいないので、とりあえずデザリングの設定。
パスワードだけ覚えやすいのに変更して保存。



iPhoneも繋がり、一安心(*´∀`*)


端末とSIMをセットで購入したからなのかな?すごく簡単に繋げることができました!


申し込みから開通まで、2日と20時間。思ったより早く開通することができました。


こんな簡単に出来るなら、時期をみて長女のも考えないと・・・
今後、次女に持たせるなら絶対に格安スマホです☆


LINEの引き継ぎ・電話帳の移動・楽天メールの設定

とりあえず繋がりましたが、ずっと2台を持ち歩くのは面倒・・・なので、LINEなどの主要アプリをZenfoneへ引き継ぐことに。


まず、1番よく使うLINE。
家族・友達などほとんどはLINEで連絡を取り合っているので必要不可欠なアプリです。


まず、新しい端末のZenfoneにLINEをインストールしておきます。


旧端末のiPhoneのLINEを開いて、設定から「アカウントの引き継ぎ設定」を開きます。
*ここで注意したいのが予め、IDを設定しておくことと、電話番号・メールアドレスとパスワードの登録をしておくことです。
キャリアから格安SIM移行前にやっておくべきこととLINEの引き継ぎ方法の記事を参照してください。ちなみに、ワタシは乗り換えする前に、Gmailのアドレスに変更してありました。)


旧端末のiPhoneでアカウントを引き継ぐをオンにします。


新しい端末のZenfoneでログインします。(新規登録すると引き継げないので注意!)
ログインは、登録したメールアドレスとパスワードを入力します。


すると、「以前使用していた端末ではLINEを利用できなくなります。トーク履歴も削除されますがよろしいですか?」のメッセージが出るので、確認をタップします。


次に電話番号での認証が行われます。
端末の電話番号を入力。今回はMNPでの転出なので今までと同じ番号を入力して次へ。


SMSメールで認証番号が届きます。


4桁の認証番号を入力して引き継ぎ完了しました。
旧端末ではLINEは使えなくなったので、アンインストール。


トーク履歴は全部消えてしまいましたが、友達リスト・購入したスタンプは引き継げたのでOKです!
*ワタシの場合、iPhoneからAndroidへの引き継げなのでトーク履歴は引き継げませんでしたが、AndroidからAndroidのようにOSが同じならトーク履歴も引き継げるようです!


電話帳の移動


LINEの次に重要なのが電話番号など連絡先の移動です。


電話番号だけなら地道に登録して、この機会に連絡していない人を消すのも・・・と考えたのですが、番号も名前もメールアドレスの入力もあることを思うと面倒だった(笑)ので、アプリを使って移動させます。


これもOSが同じならPC使って簡単にコピーして終了!なんですが、iPhoneからAndroidなのでコピペというわけにもいきません。


簡単に連絡先を移動させるアプリをみつけたので、これを使って移動。
iPhoneを自宅のWi-Fiに繋いで、旧端末と新端末に同じアプリをインストールします。


移動させたいのは電話帳だけなので、簡単データ移行を使いました。
旧端末のiPhoneで、データを取り出すをタップ。データの取り出しが終わるとQRコードが表示されます。
新端末で、簡単データ移行のデータを取り込むをタップし、旧端末に表示されているQRコードを読み取ると自動的にデータが移行されます。


連絡先リストを開くと、ちゃんと全員の連絡先が移動出来てました。パチパチ☆(o´∀`ノノ゙


楽天メールの設定


次に、オプションで申し込んだ楽天メールの設定です。
これは、大手キャリアのようなメールアドレスが使えるメールです。


まだ、メールで連絡取り合っている友達や子供会の連絡もメールなので必要です。


楽天メールアドレスを取得するには、まず楽天モバイルアプリから、メンバーズステーションへログインして、楽天メールの登録を行います。


@rakuten.jpの@より前に希望するユーザーIDを入力して申し込み
メールアドレスの登録が完了したら、楽天メールのアプリをインストールします。


アプリを起動したら、楽天メールを選択。登録したメールアドレスとパスワードを入力してログイン。


これで、大手キャリアのようなメールアドレスが使えます。
メールで連絡いている友達にアドレス変更のお知らせをすると、「これって携帯のアドレス?楽天って初めてみた!」と返信がありました。
まだまだ周りに格安スマホは浸透していないようです・・・


楽天でんわ


最後に、楽天でんわをインストール。
格安スマホは大手キャリアと違って、無料通話などがなく通話した分は月額基本料金に従量制です。
なので、少しでも通話料金を抑えたいので、楽天でんわをインストールして使用します。


楽天でんわのメリットは、月額基本料金0円、通話料が半額(30秒10円)、電話回線なのでとぎれることもない、そして電話番号もそのまま使えるので相手にも自分だと分かるという点です。
しかも、楽天でんわのアプリでそのままかけるだけで設定とかも必要ないので楽チンです。


一通りの設定や引き継ぎが終了。これで、新端末だけで出掛けられます(笑)


旧端末のiPhoneは自宅のWi-Fiをつなげは使えるので、他のアプリとか(ゲームや音楽など)はおいおい引き継いで行こうと思います(笑)